BIGLOBE SIMで確認すべきこと!速度や料金を徹底解説!

BIGLOBE SIMのインターネット速度

BIGLOBE SIMの場合、ドコモの4G回線を採用したサービスとなっています。通信スピードについては、ドコモと同じ回線なので、速度の心配はいりませんね。ドコモの回線を使っているのに料金が安くてすむことは、何よりもBIGLOBE SIMを使うメリットですよね。MVNOや格安スマホは今後更に利用しやすくなって、ユーザーの期待に応えてくれることでしょう。

BIGLOBE SIMの通信制御について

キャリアもMVNOもそうですが、ユーザーが平等にデータ通信を行えるように、データ通信を多く利用した方に対しては、速度に制限を設けておりました。現時点までの3日間で使用したデータ通信量を計測し、定められた量以上のデータを通信したユーザは、200Kbpsという低速通信が実施されていました。嬉しいことに、この3日制限が撤廃されました!BIGLOBEの格安スマホに関しては、音楽や高画質写真をダウンロードしても、3日制限の心配をする必要はありません。72時間制限撤廃は本当に嬉しいですね。

BIGLOBE SIMの特色まとめ

BIGLOBE SIMはNTTドコモから回線を借りて格安SIM,格安スマホを提供するMVNOの一つです。ドコモやauなどのキャリアから乗り換えてのご利用であれば、毎月の料金を大幅に減らすことができるサービスなのです。月々の利用料金は900円という安さで、今、話題のサービスです。回線はドコモで使用しているものを使っているため、そのおかげで、通話エリアの範囲にしても音声の品質にしてもNTTドコモのスマホに全く引けをとらないというのも利点になっています。BIGLOBE SIM 独自のサービスとして、エンタメフリーというものがあります。これがとてもお得なのです!エンタメフリーを利用すれば、YouTube、Google Play Music、Apple Music、AbemaTV、Spotify、AWA、radiko.jp、Amazon Musicのサービスを、通信量を気にすることなく楽しむことができます。早速ですが、BIGLOBE SIMの料金やデータ通信に関してまとめましたので、気持ちを楽にして読んでみてください。

docomo回線網を使ったBIGLOBE LTE

BIGLOBE LTEの通信回線は、docomoと同じ回線を利用しています。つまり、通話品質はドコモとなんら変わりなく、また、当然ながらそのサービスエリアも安心の広範囲をカバーしていますので圏外の心配もほとんどありません。docomoのスマートフォンのほとんどが、BIGLOBE LTEで使用できる機種に該当します。SIMフリーのスマホがセットになったプランもあります。ドコモのスマホを使っている人であれば、SIMカードだけで契約することができますので、スマホを新しく用意する手間や面倒がなくもう一台契約したことになり便利に賢く利用できます。BIGLOBE LTEは、安心して使えるdocomoの回線が今までよりも安く使える、格安スマートフォン・格安SIMのサービスと言えます。

セットの格安スマホが多すぎて迷う

BIGLOBE LTEを利用するにあたって対応する端末をお持ちでない場合は、スマホ本体を新規で購入しなければなりません。BIGLOBE LTEではそうしたスマホ本体もセットで購入が必要な方のために、BIGLOBE LTEなら他のMVNOと比べて、非常に多くの端末を取り揃えていますので、きっとお好みの1台が見つかることと思います。スマートフォンだけでなく大きな画面で使用したいタブレット派の人のためにも、たくさんの端末が用意されています。

あまったデータ通信量の翌月繰越

スマホのデータ通信量は契約プランによって違ってきますが、時によってはあまり使用しなかったためにデータ容量がたくさん余ってしまう月もあります。BIGLOBE LTEならば、嬉しいことに翌月繰り越しサービスがあるのです。余ったデータ通信量の繰越に対応していないMVNOもあるため、翌月に繰り越せるBIGLOBE LTEはおすすめのMVNOです。使いきれずに余った通信量が無駄にならないことは、利用者にとっては嬉しい話です。

通話料がお得になる、BIGLOBEでんわ

BIGLOBEでんわは、通常の通話料が半額になるため、電話代がお安くできるサービスです。IP電話と異なるプレフィックス型通話サービスで、電話を受けた側に発信番号がしっかりと通知されるのです。常に使用する電話番号は当然、相手側に通知されるのです。電話相手からして見れば、いつも通りの着信と変わりはないわけです。IP電話のサービスは、その多くが非通知のみでの発信だったり、050の番号が相手に通知されたりするため、IP電話ということが分かってしまい、使いづらい部分がありましたが、BIGLOBEでんわではその心配はありません!これだけじゃありません。

3分かけ放題とは?

docomoやau、ソフトバンクには、いくらかけても同一料金というプランがありますが、 格安MVNOのほとんどが、通話し放題プランを設定していません。そのような中、MVNOの格安スマホのメリットはそのままに、格安の通話料金を実現する新たなサービスが始まりました。そんな人におすすめなのが、BIGLOBE LTEが新しく設定した月額650円で3分間の通話がタダでできるというプランです。しかも、このではIP電話を使わずに、電話回線を利用できるので、BIGLOBEでんわと同じように、相手方に発信番号が通知されていますので、普段の電話と何らかわりなく電話し放題になるのが一番の強みです。BIGLOBEでんわを使うと、1分21円ほどの通話料がかかりますのでこのは。1カ月にトータルして33分以上利用することが多い方にとってはかなりおすすめです。

650円で1,200円分が無料になる通話パック60

通話用BIGLOBE SIMには、月額650円払えば『3分かけ放題』というオプションプランとは別に、新たに「通話パック60」というお得なオプションが選択可能になります。こちらのサービスは、月額たった650円で1200円もの無料通話が提供されるというとてもお得な内容となっています。通話が3分以内で終わってしまうという人には、「3分かけ放題」での利用がお得になるものですが、ときにはゆっくり話したいこともある人なら、通話パック60での利用がおすすめだと言えます。このようなサービスはいろんなものがあるので、使いやすいサービスやオプションを探して下さい。

初月は無料!

BIGLOBE LTEを契約すると、最初の一月の料金が0円になります。「初めの1カ月」が指すのは、SIMカードが到着した日が属する月です。SIMカードの到着する日次第では、1ヶ月間タダになる訳ですね。しかし、今お使いのスマホの会社の月額使用料がいくらかにもよって損得は変わってきます。また、解約月が定められているなら、すぐに解約するとかえって手数料をとられ、高くつきますので、現実的に考えると、必ずしも月初まで待つのが得策とは言えません。時期に関しては、慎重に検討してみてくださいね。

BIGLOBE SIMの月額と解約

BIGLOBE LTEの月額料金やオプション料金について説明します。現在あなたが使用している携帯の契約料と比べて、どの程度安く抑えることができるのか、ご参考になれば幸いです。早速、月額費用と初期費用を見ていきましょう。

BIGLOBE LTEの料金プラン・初期費用

BIGLOBE LTEのプランは、SIMはデータ通信用と音声通話用の2種に分かれています。音声通話SIMというのは、070/080/090番号が使えるものなので、今まで通りの携帯電話として使いたい場合には、音声通話用のSIMカードを選ぶ必要があるので、それを注意してください。音声通話SIMの料金は、1GBプラン(音声通話スタートプラン)1,400円、3GBプラン:1,600円、6GBプラン:2,150円、12GBプラン:3,400円、20GBプラン:5,200円、30GBプラン:7,450円となっています。

データ専用SIMの月額費用は、3GBプランで900円、6GBプランで1,450円、12GBプランで2,700円、20GBプランで4,500円、30GBプランで6,750円となっています。

ベーシックプランとは、 通信速度が200Kbpsと低速ですが使い放題のプランで、それ以外にLTEの262.5Mbpsの高速回線が使えるプランがあります。初期費用は、一律で3,240円となっており、あとは、端末を購入際、その分のお支払いになります。

BIGLOBE SIMの解約違約金

BIGLOBE LTEの解約制限について、説明していきます。データSIMは、いつからいつまで利用しなければならないという、決まりがありません。自分のタイミングで解約でき、解約手数料は必要ありません。一方、音声通信SIMには、12か月もの契約縛りがあるのです。もし都合により12ヶ月経たないうちに解約すると、手数料として8,000円を徴収されることになります。大手携帯会社では、縛り期間が自動更新されますので、3ヶ月以上絶っていれば、解約手数料がかからないというのは大きな魅力です。

【今月開催中】キャンペーンの詳細

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)