楽天モバイルの通信スピードと特色のまとめ。5分かけ放題が魅力!

楽天モバイルの通信スピード

楽天モバイルでの通信は、0スピードについては、何不自由なく使える速度と言えます。dokomoと同じ回線を格安で使用できることは、楽天モバイルの魅力的なメリットのひとつです。これから先も益々MVNOや格安スマホの拡大していきそうですね。

楽天モバイルの速度制限

どのMVNOでもそうですが、全ての契約者が同等の通信環境で通信できるように、何度もたくさんデータを送受信される方の通信スピードを規制させていただいております。これは、ここ3日間のデータ通信の容量に応じで、予め決まっている量を越した方に対しては、速度を制限した状態で回線を使用することになります。この制限を解除するための条件は、直前の3日間のデータ使用量が制限値を下回ることです。解除は自動で行われます。よほど集中して熱心に使わないかぎり、この制限をうけることはほとんどないかと思います。料金プランごとの規定容量 3.1GBプラン=540MB 5GBプラン=1GB 10GBプラン=1.7GB

楽天格安スマホの特色まとめ

格安スマホや格安SIMを取り扱っている会社の中で楽天モバイルがあります。auなどの大手キャリアから、楽天モバイルに乗り換えた場合、月額使用料を大幅に低くすることも可能です。なんといっても毎月の代金が1250円から利用できるのですから、いま、大注目なのも頷けますね。安くできるのは、楽天モバイルが既存のNTTドコモの回線を使用しているからということもありますが、そのおかげで、通話エリアの範囲にしても音声の品質にしてもNTTドコモのスマホに全く引けをとらないというのも利点になっています。楽天モバイルの契約期間中はずっと、楽天市場で買い物した額のポイントが2倍になるというキャンペーンも見逃せないです。楽天モバイル?という方の為に、楽天モバイルのおトクキャンペーン情報から、料金プランの詳細解説まで、節約出来たスマホ代を何に使いましょうかね。笑

docomoのネットッワークを利用した格安スマホ

楽天モバイルの通信回線は日本最大手のNTTドコモと提携しているってご存知ですか。そのため、通話品質もドコモと変わらず、また、当然ながらそのサービスエリアも安心の広範囲をカバーしていますので圏外の心配もほとんどありません。ドコモのスマホであれば、新たに機種を購入することなく楽天モバイルでも使えます。楽天が提供するSIMフリーのスマホと共にセットで買うことも可能です。もし、ドコモのスマホを現在使用中であれば、楽天モバイルではSIMカードだけを契約して使うことが出来、わざわざ楽天モバイルにするために高い機種代金を払う必要はありません。要するに、安心感のあるドコモ回線のスマホがお得な料金で使えるようになるサービスが楽天モバイルなのです。

セット端末が多い

楽天モバイルで使用できるスマホを持っていない場合には新たにスマートフォンの購入が必要になります。楽天モバイルでは端末とSIMのセットを格安で購入することができ、他のMVNOよりも豊富な種類の本体を取り揃えてありますので、選択の幅が広いことが特徴のひとつです。スマホの他にも大画面タブレットも取り揃えてくれているので使い方の選択肢も広がります。メリットの多い楽天モバイルですが注意したいのは、本体代金を分割払いにしたいときは楽天カードでの決済が必要になることです。お手元に楽天カードが無い場合、本体の代金は購入時の一括払いとなります。本体をセットで買うならば事前に楽天カードを作っておくのがお勧めです。ただ、そんな楽天カードも簡単に作れるし、機種も豊富なので他のMVNOより楽天モバイルはずっといいMVNOだと思ってます。

データ通信量の翌月繰り越しにも対応

多彩なプランが用意されていて、それぞれに使用できる最大データ容量は異なりますが、あまり使用せず、決められた容量に達しない月もあると思います。楽天モバイルの場合は、前の月に使いきれず余らせた通信量を、次の月に繰り越して使うことができます。使いきれずに余った通信量を翌月に使えるサービスを行っていないMVNOもあるので、翌月繰越しが対応可能な楽天モバイルは大変魅力的だといえます。無駄なく使うことができるなんて、最高ですね。

電話代がお得な、楽天でんわ

楽天が提供する「楽天でんは」では、通話料が50%OFFになる魅力的なサービスです。IP電話と違って、プレフィックス型電話サービスと言うモノで、発信元であるこちらの電話番号が発信先の相手にきちんと通知されます。通知される番号は、いつも使用している電話番号が相手に通知されます。ですので、相手からしてみるといつも通りの着信と何も変わらないので安心して電話に出てくれます。IP電話といえば、非通知で表示されたり、050から始まる番号が出たりするため、一般電話と比べると使いにくい点もありました。一方、楽天でんわを使用すればこのような問題で困ることもありません。楽天でんわを使った際に生じた通話料も、楽天ポイントが付くので通話料の割引分以上にお得なのです。つい最近、キャリアと同じようなかけ放題サービスも開始となりました。

5分かけ放題

docomo、au、ソフトバンクの3社は一定額で通話し放題のプランがありますが、格安MVNOのほとんどが、通話し放題プランを設定していません。格安スマホに心が動いているが、結局自分みたいに通話回数が多ければ料金が高くなってしまうのでは、と心配される方もいらっしゃるでしょう。早速、改善に踏み切ったのが楽天モバイルです。今回、楽天モバイルでは、月々850円のオプションで国内通話が5分間、回数制限なしで無料になるという新サービスがはじまりました。詳細としましては、今まで通りの電話回線を使うので、楽天電話なんら変わらず、かけた人の電話番号通知することもできるので、不審に思われることなく、5分間が通話し放題になるという利点があります。NifMoにもかけ放題オプションがありますが、相手方に非通知で来ることがそこそこあるみたいです。楽天でんわを普通に使うと、だいたい1分で21.6円となるので、1回5分以内で、月に43分以上の通話をする方には、この「5分かけ放題オプション」をおすすめします。

到着月は無料に!

楽天モバイルでスマホ端末本体ならびにSIMカードの契約をされたお客様は、初めの一ヶ月は通信・通話料金が一切かかりません。最初の1ヶ月というのは、SIMカードやスマホ本体が届いた日を含む月を指します。到着日次第ではほぼ一ヶ月間無料にすることもできますね。しかし、解約する会社にも、場合によっては解約料を支払わなければならないケースもあるので、1日になるまで我慢するってのも、どうでしょうね。

楽天モバイルの月額料金と解約

楽天モバイルのお得な料金プランはご存知でしょうか?現在お使いのスマホ代と楽天モバイルを比較してみて、呼んでいただければ携帯料金の節約のお役にたてるはずです早速、楽天モバイルの料金プランの詳細をチェックしていきましょう。

料金プランまとめ

楽天モバイルの料金プランに関しては、格安スマホなどのSIMはデータ通信用と音声通話機能付きの2つがあり、料金が違っているって知ってますか。070/080/090といったナンバーが音声通話SIMで使用可能なので一般的なスマホと同様に電話としても利用したいのであれば、音声通話用のSIMカードを選ぶ必要があるので、それを注意してください。通話SIMの月額プランは、低速使い放題のベーシックプランで、1,250円、3.1GBプランで1,600円、5GBプランで2,150円、10GBプランで2,960円となっています。

データSIMの料金は、低速使い放題プランで、525円、3.1GBプランで900円、5GBプランで1,450円、10GBプランで2,260円です。

ベーシックプランとは、200Kbpsといった低速度の使い放題プランですので、それ以外のプランを選ぶとdocomoのLTEという高速回線が利用できるようになります。楽天モバイルで最初にかかる初期費用は3,240円だけで、スマートフォンを同時購入する場合は別途本体代が掛かります。

楽天モバイルの解約手数料

楽天モバイルの最低利用期間と違約金について、説明していきます。データSIMは、いつからいつまで利用しなければならないという、決まりがありません。極端な話、初月で解約しても違約金は掛かりません。一方通話SIMについては、最低12か月の利用が必要になってきます。もし、12ヶ月以内に解約をする場合、手数料として9800円払わなければなりません。大手キャリアですと、自ら申し出ないと縛り期間が自動で更新されてしまいますが、契約から13ヶ月以上すぎれば縛り自体が完全になくなってしまい、手数料フリーでいつでも解約可能ですから、また一歩進化したという感じですね。

間もなく終了のキャンペーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)