mineoの速度・3日制限・料金・キャンペーン等の詳細を徹底網羅!

mineo料金プランと解約について

mineoの使用を検討するために、料金形態や通信速度について紹介しましょう。今使ってる携帯料金と比べながら、mineoを使った場合に料金がどれくらい安く抑えることができるのか、これを読んでわかってもらえたらな。と思っています。 mineoの料金プランを見てみましょう。

mineoの料金と初期費用

mineoの料金プランは、両近形態はデータ通信用SIMと音声通話可能なSIMとで分かれています。音声通話SIMを使うことで、070とか080とか090のつく番号が使えるようになるので、今までと同じような携帯電話として使う為には、データ通信専用SIMではダメで音声通話機能付きSIMを選ぶ必要があるんです。通話SIMの料金は、Aプラン(AU回線)が500MBで1,310円、1GBで1,410円、3GBで1,510円、5GBで2,190円、10GBで3,130円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで1,400円、1GBで1,500円、3GBで1,600円、5GBで2,280円、10GBで3,220円です。

データSIMの料金は、Aプラン(AU回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円となっており、Dプラン(docomo回線)が500MBで700円、1GBで800円、3GBで900円、5GBで1,580円、10GBで2,520円となっています。

mineoの解約制限について

MNP転出手数料について、ご紹介していきます。mineoは、解約に関しての利用期間制限に縛りがないので、解約しても違約金の発生がありません。違約金のことを考えずに、気楽に格安スマホを試せるという点で、初心者の方にもおススメできるMVNOです。しかし、1年以内に他社に乗り換えると、12,420円の手数料がかかってしまいます。音声SIMをお使いになる場合は、このことだけ注意しておいてください。

mineoの特徴

mineoはdocomo回線とAU回線を使用した格安SIMサービスの一つです。mineoの格安スマホサービスは、従来の大手キャリアをお使いの方なら月々のスマホ代が相当額節約できてしまいます。mineoは、月額料金がわずか1310円ということで注目されています。国内で初となるmineoのマルチキャリアMVNOは、料金プランもau対応のAプランとdocomo対応のDプランを用意しています。大手キャリアとエリアや通話品質が一緒なのは、使う側にとっては非常にありがたいことです。そんな訳で、今回は、mineoのおトクキャンペーン情報から、料金プランの詳細解説まで、最後まで、お付き合い頂ければと思います。

docomoとdocomo・AUネットワークを使った格安スマホサービス

格安スマホサービスのmineoはdocomo回線、AU回線を利用出来るプランを用意しております。通話の音質もdocomo・AU同様に高音質で、通話エリアもdocomoならdocomoと、auならauと同じ範囲です。docomoやAUのスマホもそのまま使える事が多いので、べつに新たなスマホを購入する必要がありません。新しくスマホを買わなくても、乗り換えができるので、節約家には好ましい選択しと言えます。もちろん、mineoで販売している格安スマホをプランに合わせて買って使うこともできます。docomoやauといった大手キャリアの回線がお好みで選べて、docomo回線とAU回線をご自身のお好みで選択していただけます。docomoかAUの回線のどちらかを使うかによっては、料金に差異があるので検討の際は確認しておく事が必要です。

高品質通話VoLTEプランも用意

mineoは、他社に先駆けて高音質の通話が可能なVoLTE対応プランを提供しました。VoLTEとは、今までの音声通話よりも聴き取りやすい高音質な通話が可能になった、最新の通話方式の名称となっています。従来の方式では、300Hz~3.4kHzの音声しか拾うことが出来ませんでした。VoLTEは50Hz~7kHzレベルの音声も拾うことが可能となりました。つまり、この広帯域のカバーにより「聞き取りやすい」高品質な通話環境を実現しているのです。VoLTEに対応したことにより、mineoの魅力が更にアップしました。

データ量くりこしにも対応

mineoではどうかをみてみると、 当月に利用しなかった分を翌月へ繰り越すことができるため、月によって使用するデータ量がまちまちという方にも、データ容量を無駄なく使用することができるのが大きな特徴です。

mineoスイッチアプリを駆使して、データ量節約

mineoには、mineoスイッチというものも用意されていて、これは回線を高速(最大150Mbps)と低速(最大200Kbps)を自由に切り替えて使うことができる機能です。ターボ機能によりデータ容量を無駄に消費することがなくなるため経済的に使用できますね。Wi-Fiとmineoスイッチを組み合わせてうまく利用する事によって、より安価な料金プランで済ますこともできます。スマホの代金を安くしたい方の頼りがいのある相棒になるでしょう。

mineoの通信スピード

mineoの通信速度について説明します。まず、Dプランの通信スピードですが、LTE回線なので225Mbps、AU回線プランでも、225MbpsのLTE回線を使えるのです。ネットのさまざまなメディアにも掲載されていますが、お昼や夜などの混雑する時間帯には、au、docomoのような大手の通信速度は、ダントツで安定感があります。もし、利用者が多い時間帯でもストレスなく利用したいのであれば、この点からもキャリア契約をお勧めいたします。しかし、一月あたりの料金は断然安いので、格安スマホというのはとてもリーズナブルな設定になっているので安く抑えたい人にはぴったりです。

mineo AU回線プランの3日間制限

どのMVNOにおいても一緒ですが、利用する方たちが公平に使用できるために、一部のユーザーが大量にデータのダウンロードをしようとした場合などに、回線スピードの速度制限をかけるという規制を行っているのです。これは、ここ3日間のデータ通信の容量に応じで、一定の限度を越えてもなお、アクセスし続けようとする利用者に対して、200Kbpsの速度規制が行われます。この三日間の通信量がが定められた値を越えなければ、速度制限はなくなります。この制限は、通常の使い方をしているならば、まずされないと思います。mineoの場合、契約プランごとの規定値は規定されていないようで、AU回線プランは、各プラン共通で、直近72時間で1GBが規定値に設定されています。

mineo Dプランにおける通信制限0

mineoのドコモプランを利用する場合には、直近3日間のデータ使用量が一定量を超えると、速度が遅くなる制限がありません。日によって、データ量の使用量にムラがあるといった人は、AプランよりもDプランを選んだほうが、3日間規制にとらわれずに安心して利用できると思います。その辺も加味して、どちらのプランが良いか比較検討してみてくださいね。

今月開催中の割引キャンペーン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)